君が笑うとき、、、


近所にある前橋工科大学の学園祭が、今週土曜日にあるらしく、
何と、今話題のHGことレイザーラモンさんが来るみたいです( ̄m ̄)
ちょっと興味ありますが、めっちゃくちゃ仕事なので諦めます。笑

さて、朝晩とかなり冷え込んできました。
私は一年中短パンで寝ている人なのですが、さすがにこの時期はキツイ。
それでも短パンで寝ますけどね。。。
ズボンで寝るのは、風邪をひいた時くらいですね(o_ _)o

さてさて、私の愛してやまない槇原敬之氏がデビューして15年が経ちまして、
16年目に突入したわけです。めでたいことです。。。
そんなわけで、デビューアルバム『君が笑うとき君の胸が痛まないように』です。。。
(どんなわけでしょう。苦笑)

ふと思ったのです。

笑うときっていうのはたいてい、
嬉しい時だったり、幸せな時だったり、楽しかったりする時なんじゃないの?って・・・

君が笑う時、君の胸が痛まないように・・・???

マッキーどういうこと(?-?) 16年目の真実●(大袈裟)
まぁ、この意味をマッキーはどこかのインタビューか何かで答えているとは思うのですが、
私はさっぱり忘れてしまっているので(それでもファンですか?)、
今一度考えてみようと思ったわけです。。。
すいません、今の今まで何も考えずにここまで生きてきました(_ _∥)苦笑

ちなみに、このタイトルですが、
2002年発売のアルバム『本日ハ晴天ナリ』のタイトル曲、
本日ハ晴天ナリ」の最後の歌詞で、そっくりそのまま引用されてます。
何だか不思議なカンジでした。それと同時に鳥肌も立ちました。
この曲は、マッキーなりの反戦歌だそうです。
そんな曲で使われたということにも、意味がありそうですね( ̄m ̄)


さて、”笑う”ということなのですが、実は有酸素運動だってご存知でしたか?
私も、最近この事実を知り「へぇ~」と一人感心しておりました。
笑うことで酸素を体内にとり込み、血行をうながすイイ運動になり、
笑うことで脳や全身へ、酸素や栄養がスムーズに運ばれるようになるので、
新陳代謝がよくなって、免疫力も高めてくれるそうです。。。
少し脱線気味ですが、「笑う」ってことに、あまりマイナスのイメージはないわけですね。

笑う時に、胸が痛むっていうのはどういう時でしょうか。
作り笑いとした時?
人の失敗をあざ笑う時??
それとも自分自身に対するカラ笑い???
うーん、でもやっぱりマッキーの言っている表現とは違うような気がする。
実際に「君が笑うとき君の胸が痛まないように」というタイトルの曲はないのですが、
このデビューアルバムは、何だかとてもマッキーらしい愛が詰まっていると思うのです。
12年後の「本日ハ晴天ナリ」でこのフレーズを使用しているマッキー。
12年間本当に色々なことがあったけど、それでもやはり変わらないっていうことは、

誰かのための幸せをいつも願っている、というマッキーの祈りにも似た気持ち

・・・なのではないでしょうか、なんて思うわけです。
似た気持ちではなく「君の胸が痛まないように・・・」と祈っているわけですよね。
笑うというプラスのイメージと、痛むというマイナスのイメージ。
相反するこの言葉を使って表現しているマッキーは素晴らしい★しかも15年前に。

君を笑わせるのは、僕。
でもその笑顔の裏で、僕に隠れて悲しんだりしないで。
僕の前で笑う時は、本当に心の底から幸せに笑って欲しい。

私なりの解釈ですがいかがでしょうか。
マッキーに言わせたら、「冗談じゃない!」と怒られるかもしれませんが。

今日、私は何回笑っただろう。その顔はひきつっていなかっただろうか。
そんなことを考えながら、今夜もマッキーに浸るのでした。。。



そんなわけで、「女刑事みずき」見逃してしまいました(_ _∥)がっくし↓↓↓
[PR]
by momo9518 | 2005-10-27 21:43 | 槇原敬之

槇原敬之を愛してやまない、そしてお笑いが大好きな管理人です。仕事のことや日々のこと。ちなみに、X-FILESのエピガイブログとして始まったこのブログですが、今では姿形がない、、、という噂もあるとかないとか。


by momo9518