東京タワー


最近よく見かける、KIRINの飲料水のCM。
ナイナイの岡村さんが、ブレイクダンスしているやつです( ̄m ̄)
BGMもなかなかカッコイイですが、
何てったって、岡村さんがカッコよろしいですねぇ(〃∇〃)
これからも頑張って欲しいものです(o_ _)o(もはや親気分)

無事に症例提出しましたが、考察がボロボロなので、
まだまだやらなければならないのですが・・・またまた現実逃避です。

よく、本屋さんへ行くと平積みにされているベストセラーの数々。。。
私は、売れ筋の本というのはあまり好きではないのですが。
(イメージとかが先行してしまったりするので(´へ`;)。。。)

なので、私の本棚には結構マイナーな本ばかりが並んでいるのですが^^;(失礼)
(あ、でも『電車男』はおもしろかったぞー)
昨年の大ベストセラー、リリー・フランキー著の『東京タワー』。
結構メディアなどでも取り上げられていて・・・
d0013816_2150191.jpg


「かなりいいです!!」という声ばかり聞きます。

私も、「また大袈裟な~」なんて軽いカンジで。。。
しかし、何を思ったかこの『東京タワー』、購入しました。
そして読みました。一気に・・・


よかったです(_ _∥)えぇ、ちょー泣きました


リリーさんの、小説というよりは、ほぼドキュメントのようなカンジで。
サブタイトルが、「~オカンとボクと、時々オトン~」。
文字通りで、ボクことリリーさんと、その母親、そして戸籍上は父のオトン。
その3人が中心となり、物語は進みます。

何ていうんでしょうかね、ここで私がどんな言葉で述べても、
薄っぺらくなるだけというか何というか。
とにかく、泣けます。。。
後半なんて、ボロボロでした。

リリー・フランキーなんて、ミラクルタイプでしか見たことないし。スイマセン●
そもそも、「この人は何者?」っていつも思ってたし・・・
そんな人が、こんな本を書いているだなんて。
ちょっと見る目が変わりますわよ( ̄m ̄)うるうるきますよ。

何といっても、読みやすいんですね、文章が。
そして笑いありで、ホロっとさせる。最後は号泣(T0T)

生まれた時から、必ず誰しもが持っている「いつか来る恐怖」。
最愛の母親の死。
ヒトはその不安に押しつぶされそうになりながらも、毎日を過ごし。
そして、「親孝行しなきゃ」なんて簡単な言葉で惑わされる。
本当の親孝行とはどういうものか?なんて私には分からない。

でも、母親は、

偉くなんてならなくていい、お金持ちにもならなくていい、
ただ、健康に毎日を生きていてくれれば、それだけで幸せなんだ。。。


と、、、深いです。母の愛。
今の私は、「自分のために生きている」。。。
それがいつか、「自分の命をささげたっていいほどの生き方」に変わるんだろうか。
まだ私は母親ではないので、それは分からない。
でも、今日この本を読んでいて、
リリーさんの母親のような「こんな母親になりたいなぁ」なんて思いました。


ここで、私がどんなに言葉を並べても意味がないような気もします。
ただ、たくさんの人に読んでもらいたいですねぇ。
(ていうか、すでにベストセラーだから読んでいるヒトは多いですかね)

さて、お母さんにメールでもうとうかな★(メールかよ)



<たんぽぽ毛のダイエット日誌>
2月18日
●ダンベル運動、ストレッチ:10分間。。。やせヨガ:15分間。。。
2月19日
●ダンベル運動、ストレッチ:10分間。。。やせヨガ:15分間。。。
[PR]
Commented by まめ at 2006-02-20 22:22 x
わたしも、去年買った~。
本屋で、立ち読みしてたら半泣きになってしまい
買うしかなくなった本です。
Commented by 管理人@たんぽぽ毛 at 2006-02-20 22:48 x
>まめさん
こんばんは!コメントありがとうございます♪
た、確かにこの本は立ち読んじゃいけませんね( ̄□ ̄;) 苦笑
でも、一冊は持っておきたい本でもありますよね(〃∇〃)

by momo9518 | 2006-02-19 21:50 | これ、ちょっとオススメです♪ | Comments(2)

槇原敬之を愛してやまない、そしてお笑いが大好きな管理人です。仕事のことや日々のこと。ちなみに、X-FILESのエピガイブログとして始まったこのブログですが、今では姿形がない、、、という噂もあるとかないとか。


by momo9518