非現実的少女




本日、職場の歓送迎会。

まぁ、過去の経験からすると「楽しめる」要素は一切ないのですが、
今夜はおやおやどうしたもんでしょ、結構楽しめました。
しかしながら、槇原敬之氏の新曲をフライングゲットするべく、
かなり時間を気にしながらの飲み会でした。心ここにあらず●

開始が午後6時半と早めだったために、結局終了したのが9時前。
よかったよかった。無事にCDもゲットです。
車中の大音量で聴きたかったために、
本日の帰り道は、ほんの少し、、、いや、かなり遠回りで帰りました。

あれ?たんぽぽ毛さん、、、二次会は・・・?(゜д゜)



さてと、癒しの火曜日です。
ヨシモトファンダンゴTVで放送中の「ヨシモト∞無限大」。
火曜日はチュートリアルさんが担当なんですが・・・
しかしながら、悲しいことにこの癒しの火曜日も2月で終了です。
どうやらPCでの深夜のリピート放送が2月で終了してしまうようです。号泣
しかも、この番組自体も3月で終了との噂がΣ( ̄ロ ̄lll)

うぎゃー!

私は3月から何を生きがいに一週間頑張ればいいんだ( ̄□ ̄;)




そんな火曜日。


突然ですが、私は本や映画で、
すごく感銘を受けると、しばらくそれを引きずってしまいます。


それは、ラストがハッピーエンドじゃなかったり、
何だか中途半端な終わり方をしているものに限るんですが・・・苦笑
ここ最近、ワタクシの趣味で収集しましたマンガ本達。

ちょっとずつ読み返しておりまして。

昨夜も夜3時過ぎまでついつい。

(あのー、大丈夫でしょうか●苦笑)



まぁ、すぐにそっちの世界に入ってしまう自分にも問題アリなんですけどね。



感情移入というものとは、また違うような気もするんですが、
結局はそういうことなんでしょうかね。


映画なんか特にそうです。
とっても後味の悪い終わり方の作品って結構ありますよね。



もう、、、私が今まで観てきたもので、
後味の悪さは、『ダンサー・イン・ザ・ダーク』『セブン』。

これは私の中で後味の悪さの、ツートップです。



「ダンサー~」に関しましては、どこにも救いがないような気がして。
おそらくもう二度と観ません。泣
(この作品が好きな方がおられましたら申し訳ありません)
「セブン」ですが、いくらブラピがカッコイイといいましても、、、ご勘弁です。
ブラピと言えば、、、「カリフォルニア」にも微妙ですねぇ。
(X-FILESのモルダーも出ているけれども●)


「セブン」に関しましては、
浪人中に、金曜ロードショーか何かで下宿のみんなで観ておりました。

いや、そもそも浪人生がそんなテレビ見ていていいのか?という疑問が。



もうね、いくらハッピーエンドじゃないにしても、
納得のできるものだったらいいんですけどねぇ。。。
救いようながいものってあるじゃないですか(」´□`)」
そこに一筋の光も見出せないような作品は、本当に1週間くらい引きずります。
まぁ、私の映画の読解力の無さもあるかとは思いますが・・・

「セブン」に関しては、ずっと引きずっていて・・・




そうなると、もうブルーなんですよね。
思い出さなきゃいいんでしょうけども。。。



マンガにしても、映画にしても、、はたまたドラマにしても。



こんな自分は危ないかな、とは思う時もあるんですが・・・




感受性が豊かだなぁ、、、とかなりプラスに考えております。
(うん、かなり無理がありますね)






なので、何も考えずに見られるお笑いっていうのは貴重です。
(突然の方向転換ですけども。苦笑)




やはり、人生シコリのないほどいいことはないんですけども。
どっかしらにあるんもんですよねぇ。

ある意味、こういう感情移入っていうのは、
自分自身の心の奥底にある、潜在的なものだったりするんだろうか、とか。


何か考え出すとキリがないんですけどもね。










まぁ、結局何が言いたいかってことなんですけども。





『Firefly~僕は生きていく~』最高★です。マッキー素敵。 (そこ?!)





とりあえず1時半まで仮眠です。
[PR]
by momo9518 | 2008-02-05 22:53 | 徒然日記 | Comments(0)

槇原敬之を愛してやまない、そしてお笑いが大好きな管理人です。仕事のことや日々のこと。ちなみに、X-FILESのエピガイブログとして始まったこのブログですが、今では姿形がない、、、という噂もあるとかないとか。


by momo9518