カテゴリ:X-FILES シーズン5( 2 )

#512 吸血 ~Bad Blood~


さわやかな日曜~♪ ですね。
さっそく布団を干しました。。。

今日は久しぶりにエピガイ書きたいと思います。
ということで、今回も私の好きなエピソードを独断と偏見で語ります。笑


#512 吸血 ~Bad Blood~

今現在FOXチャンネルで放映中のシーズン5でございます。
このエピソード。
とりあえずキーワードは『吸血鬼』でしょうねぇ。。。


テキサス州の田舎町で観光客が失血死した。
被害者の首筋には吸血鬼に吸われたような牙の跡が残っていた。
もちろん、そんな情報モルダーが見逃すわけもなく・・・
さっそくスカリーと一緒に向かう。
そして犯人と思われる牙を持つ少年を捕らえたモルダーは、
まるで親の仇のように(笑)少年の胸に杭を打ちつける。
しかし少年の口から抜け落ちた牙は、偽者であることが分かる。
モルダーには誤捜査による殺人容疑がかかる。。。
吸血鬼は本当にいるのだろうか。果たして真犯人は・・・?!


とりあえずのあらすじはこんなカンジです。。。

ですが・・・

このエピソードはもう一つキーワードがあるみたいですよ^^

『見解の違い』

人間とは、たとえ同じものを見ていても、それぞれによって見方が変わります。
今回まさにそんな感じですね。

モルダー目線とスカリー目線で同じ話が描かれております 。
それがまた全然違うのでおもしろいのです。

①まずスカリー目線

つまり、
普段スカリーがモルダーのことをどういう風に見ているかってことが分かります。
スカリーにとって、モルダーはやけにハイテンションで、自分勝手。
(まぁ、当たっている気もしますけどね。笑)
スカリーにとっては、「私の意見はそっちのけなの?!」的な感じが伺えます。
そして、吸血鬼だとか超常現象とか、UFOとか聞くと思い込みで暴走。
「まったく勘弁してよ。私にまでとばっちりが・・・呆」ってカンジですかね。
そんなだから、地元保安官にファーストネームで呼ばれちゃう。笑
それにしてもスカリーの男の趣味って・・・
突然考えの変わるスカリーに対してモルダーが、
「おいおい~、さっきと言ってること違うぞ~」って顔をするのですが、おもしろい。

②次にモルダー目線

つまり、
普段モルダーがスカリーのことをどういう風に見ているかってことが分かります。
モルダーにとって、スカリーはとってもおっかない存在みたいです。
いつも不機嫌な顔で出社。笑
捜査の説明をするのにも、おっかなビックリ。思わず上目遣い。爆笑
「何かさ~、吸血鬼が出たらしいんだけど~、一緒に行こうよ~。泣顔」
的な感じが伺えます。
スカリーが地元保安官に心を奪われていることを察知するが、
「あんな出っ歯のどこがいいんだ?」とでも言いたそう。笑
それにしてもモルダー目線のスカリーはいやに色っぽい。。。


う~ん、何ていうんでしょうか。
言葉で説明するのは難しいですので、とりあえず観て下さい。笑
とにかくおもしろいです。

それにしても二人の目線は両極端です。
真実はこの中間くらいにありそうな気がするのは私だけでしょうか。
私としては、スカリー目線のちょっとイカれた(?)モルダーが好きですね。

モルダー目線としては、ヤキモチも多少は入っているような気がしますが。

結局この町の住民全員が吸血鬼だったってことですかね?


今回、見所はたくさんあって書ききれないくらいですが。
見所は全部です。笑
そして私が一番好きなシーンは、
二人が副長官に呼ばれて、待っている間。
スカリーがモルダーの曲がったネクタイを直そうとするのですが・・・
モルダーは、
「余計なことするなよ!!」とでも言いたそうな感じで払いのける。
これがおもしろい。
スカリーがお母さんみたいですね。モルダーはその子供。
だだをこねる子供のようです。爆笑
(まぁ、実際大人子供ですよねぇ( ̄m ̄)ふふ)

スカリーがモルダーにこだわっている靴のことを聞くのですが、
モルダーは自分のことだと思って、自分の靴を確認する。
そういうところが抜けてておもしろいです^^

二人の意見の食い違い。ホテルの名前さえも違っておりますね。


<私的視点>
①「oh,shi...」モルダー
②ゴミ箱ボコボコモルダー
③「ダナ」モルダー
④ベッドの上で親父笑いモルダー
⑤「ヤダヤダ・・・」スカリー(あのー、大腸流れてますけど。笑)


この話のおもしろさが全然伝わってない気がして切ないですが。
見た人にとってはよく分かると思うんですがねぇ。
声を大にして言いたいのは、

とにかく一度観て下さい!! 笑
[PR]
by momo9518 | 2005-04-24 09:29 | X-FILES シーズン5

今日は朝から良いお天気で、絶好の布団干し日和でございます。
天気予報では雨だったので、嬉しい裏切りってやつです。

でも、2時過ぎあたりから、だんだんと雲行きが怪しくなってきました(゜д゜)

天気の良い空を眺めながら、今日はどのエピソードを書こう?と。
そしてすぐに浮かんだのはこの「プロメテウス」・・・
なぜだかは、分かりません。爆

ということで、今日もいってみましょーーー♪



#505 プロメテウス ~The Post-Modern Prometheus~

このお話。とてもとても、というか、かなり好きです( ̄¬ ̄*)

キーワードは・・・う~ん(/へ\) 『フランケンシュタイン』とでも言っておきます。
何かちょっと難しいです。。。
バリバリのXファイルものではない、というようなカンジです。


インディアナ州在住の主婦から、モルダーに事件の捜査依頼が来た。
その捜査依頼というのも、
モルダーが「ウルフベイビー」に会いに行ったということ聞きつけてのことらしい。
さすがモルダー、
アナタはオフの日はいつもそんなことばっかりやってるんですか?!って・・爆
んで、彼女の話によると、部屋中に充満した白い煙で意識が遠のく中、
二つの口を持つ醜い怪物が部屋に入ろうとしているのを確かに目撃したという。
その後、数日間意識を失っていた彼女は、
避妊手術を受けていたにも関わらず、妊娠が発覚し驚愕する。
モルダーたちは彼女の家で証言通りの怪物が描かれている漫画を発見する。
その怪物は“グレート・ムタト”と命名されていた。
この”ムタト”、
実は狂った科学者の野望が生み出した現代のフランケンだったのだ。
本当のフランケンシュタインでは、
最後フランケンは花嫁探しの旅に出かけます。
さて、”ムタト”は一体どうなるのでしょうか・・・


これは、製作者クリス・カーターさんの、
いわゆるお遊び企画モノなのでしょうか。
でも全然!!イイ!!こういうのはもっとやって欲しいです。
モルダーファン・・もといX-FILESファンとしては・・・^^;

今回も見所満載★
全編モノクロ画像ですが、それがまたイイ味を出しているのであります。
あと、音楽♪シェールの歌が使われているのですが・・・
最後のライブ映像場面での音楽がとても好きです。
「Walkig in MEMPHIS」私はこの歌が聴きたいがために、CDを買いました。
それだけ、印象深かったというか、素敵な曲でした。
歌詞はよく分からないけどね。笑
この歌に合わせて、最後モルダーとスカリーがダンスを踊るのですが。
これがまたいいんですねぇ~(*/∇\*)
何度巻き戻して観た事か?!笑
モルダーが照れながら(?)、スカリーに手を差し出すのです。
その後ぐいっとスカリーを引き寄せて・・・あぁあぁぁぁぁぁぁ。
その時の顔がたまらんですo(><;)(;><)o素敵~★その顔私にもください!!

さて、少し落ち着きましょう。
このお話し、最後のダンスシーンだけ見ても、
お腹いっぱいになりますが・・・
なかなか泣かせるお話なのですよ。
村人が、ムタトのところへたいまつを持って押しかけるんですが、
その時、ムタトの話を聞いたあとの「彼は普通の人間だよ」という一言や、
ムタト顔の子供が生まれて、テレビ出演した時に
「それでもその子を愛せますか?」と聞かれた二人の母親が
「もちろんよ」と言う一言だったり・・・
ムタトが父親を殺されて、泣きながら土に埋めるシーンとか・・・
何かホロリとくるのです。
結局は、顔が醜いだけで、心は普通の人間と同じだっていうことですよね。
普通の友達や、普通に結婚して幸せな家庭を持ちたかったんだろうなぁ、
なんてムタトの心を考えると、ホント泣けますね。。。

最後、シェールのライブで、シェールに手を引っ張られる時の
ムタトの気持ちを想像するだけで、私は嬉しい。
(この場合、自分に置き換えてみました。爆)
私だったら、気絶しちゃうね。笑

コメディータッチの場面もたくさんあっておもしろかったです。
ポリドリ博士の家で倒れたモルダーとスカリーが、
その後何とか意識を取り戻した後の、
二人の「まったく~、勘弁してよね~」ってカンジの様子も何かおかしい。
モルダーよろけちゃってるしね。爆笑
噂好きの町のレストランでの、対応もおもしろいです。
好かれている(?この表現でいいかな)時と、嫌われている時、
全く正反対なので笑える。
この時の、モルダーの必殺(笑)上目遣いもポイントです。。。

とにかく素敵な話でした★

私的視点
①上目遣いモルダー
②モルダースカリー2段階時間差出現
③ラストの二人のダンス
④ムタトとモルダーのハイタッチ
⑤・・・↑その後のモルダーのお日様笑顔


毎回ですが、エピガイではなく感想ですね。
感想にしても、偏りすぎだしね・・・(_ _∥)
見ていない人には、「何のこっちゃ分からん」ってカンジなんだろうなぁ。泣

あと、余談ですが、新聞記者の役の人は、
やけに首の動きに特徴があったのですが、
どうやら「ニワトリ」の動きを意識していたみたいです・・・
そう見ると、確かに。もう私にはニワトリにしか見えないぞ。笑

結局、この村の人は何かしらの動物のハイブリットってこと???
まさかねぇ。。。
それだったら、むしろそっちの方がX-FILESじゃんΣ( ̄ロ ̄lll)爆

あともう一つ余談ですが。
このムタトを演じている役者さんは、のちに登場する
「ジェフリー・スペンダー」役の人らしいです。。。
何か、堅苦しいスペンダーを想像すると、このムタトの方がむしろ人間らしい。
ポリドリ博士の家でのダンスとか・・・お茶目です。
しかし、シーズン9でも特殊メイクで登場するし、
この話でも特殊メイクしてるし、X-FILESでは本当の顔が出せなくて
なかなかかわいそうな役回りですね、スペンダーさん。。。
(父親に殺されるしね。。。)
[PR]
by momo9518 | 2005-04-03 14:37 | X-FILES シーズン5

槇原敬之を愛してやまない、そしてお笑いが大好きな管理人です。仕事のことや日々のこと。ちなみに、X-FILESのエピガイブログとして始まったこのブログですが、今では姿形がない、、、という噂もあるとかないとか。


by momo9518